マインドフルネス認知療法

 

思考の世界から離れ、自分の頭に浮かんだ思考をまるで川に流れる木の葉のようにどんどん流していき、思考の世界とは別の『今、ここの体験』を感じる体験の世界に入ることをマインドフルネスといいます。普段の生活を送るにも有効な技術ですが、長期のカウンセリングをする場合、基本となる技術です。しかし、思考の世界から離れなければならなく、思考の世界とは別の『今、ここの体験』の世界は本を読んだり、頭で考えただけでは習得できません。むしろ、頭で考える思考では、この技術は身に付きません。スポーツのように体に覚えこませる訓練が日々、必要になります。