交流分析

 

人は一人では生きていけません。

それは、人間は本能的にストローク(他者からの反応)を求める生き物だからです。

 

つまり、人間にとって、最も辛いことは『無視』されることなんです。

 

カウンセリングを利用されるクライエント様の中には、

 

特に何も悪いことは言っていないのに、避けられている

何気なく言った一言で激怒された

なぜか分からないけど、無視される

・・・

 

このような、コミュニケーションの問題をかかえられている方も多いかと思います。

 

このような時におこなう心理療法が『交流分析』です。

 

クライエント様と周囲の方たちとのコミュニケーションを分析して、クライエント様が関わる方々から『プラスのストローク』を得られるようにサポートさせていただきます。

プラスのストローク』とは、相手からの言葉や反応が嬉しいな、楽しいな、認められているなというものです。

次に、相手にも『プラスのストローク』を与えれるようにし、良好な人間関係を作っていけるように一緒に考えていきましょう。

 

また、人の持っている時間は有限です。

 

クライエント様の中には

 

なんか、今日もつまらないことばかりだったな

今日は、よく分からない無意味なやりとりをしていたな

 

などのお悩みを持たれている方も多いかと思います。

その場合に対する手法もございます。

 

また、人は『人生脚本』という、自分の人生のストーリーを思い描いて生きています。

もし、クライエント様の中に

 

『俺は幸せになれない人生を送るんだ』

『私の人生なんて楽しいものになるわけがない』

 

などと思われている方がいらっしゃいましたら、『人生に希望が持てる幸せな人生脚本』に書き換えれるよう一緒に考え、ともに歩んでいきましょう。