NO102.『未来を捨てた破壊的反抗期』は何故生まれるのか?