NO153.『共同体感覚』について