NO16.『無意識』が『心の問題』の解消を妨害している

NO16.『無意識』が『心の問題』の解消を妨害している

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 


前回のブログで、パニック障害の例を挙げました。
子どもの頃の恐怖体験により、30歳の大人になった今でも、男の人の大きな声を聞くと、反射的に過呼吸になり、動悸がして、身体がブルブル震えるとい身体反応が治らずにいます。
自分は大人であり、危険な状況ではないと『意識』で分かっていても、この症状は続いています。

 

実は、この症状を改善するのを妨害しているものは『無意識』なのです。

 

人間の脳は『意識』が4%、『無意識』が96%で構成されていると言われています。
無意識』も『意識』と同様に、あなたを守ろうとしますが、『無意識』は『意識』よりも早く反応します。
過去に作られた『無意識』は、その時には『適応的なもの』だったのかもしれませんが、時が経つにつれ『不適応なもの』に変わってしまうことがよくあります。
意識できないから『無意識』・・・
あなたは、この意識できない『無意識』に対して、どのような対応方法が思いつきますか?

 

その対応方法を次回、お話していきたいと思います。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top