NO83.幼稚園、保育園の時期の子どもは親子の会話を充実させ、子どもの異変を感じ取りましょう!!

NO83.幼稚園、保育園の時期の子どもは親子の会話を充実させ、子どもの異変を感じ取りましょう!!

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前回から遊戯期(3歳から6歳位まで)でのお父さん、お母さんの課題は、『しつけ』VS『積極性』の中で、いかに子どもの『課題(欲求)』である『積極性』を養っていくかということをお話させていただきました

そのためには、その逆、『発達の危機』が何なのかを知る必要があると思います。

それは、『罪悪感』です

もっと詳しく説明していきましょう
子どもは、前の発達段階で養われた『自律性』土台にして、「親のようになりたい」思うようになります
そして、親の言動から学び自分の中に『親の自我状態』作り出していくのです。
そうすると、前までは『子どもの自我状態』しかなかったので、親に叱られても、時間が経つと元の状態に戻る場合が多かったと思います
しかし、この時期からは、自分の中に自分の欲求を満たしたいという『子どもの自我状態』自分を律する『親の自我状態』共存することになります
そうなると、親の目には見えない、子どもの内部で『子どもの自我状態』『親の自我状態』『内部対話』が起き、『葛藤』が生まれるようになります
まだまだ、『親に見捨てられる、親に愛されない=死』『本能』で捉える時期のため、その『葛藤』『自分自身の存在』というレベル『罪悪感』になりやすいことでしょう

それを防ぐためには、『親子の会話を充実させる』必要があると思います

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top