NO226.『コミュニケーション』の分類-『言語』と『五感』による分類

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

『言語的コミュニケーション』と『非言語的コミュニケーション』

『言語的コミュニケーション』

文字通り、『言語によるコミュニケーション』です。

『非言語的コミュニケーション』

『言語以外によるコミュニケーション』で、『相手の【五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)】に情報を与えるコミュニケーション』です。
特に、コミュニケーションでよく使われる【五感情報】は、『視覚情報』と『聴覚情報』でしょう。

コミュニケーションは、【言語情報】と【五感情報】を送ったり、感じ取ったりしておこなわれるものです。

では、コミュニケーションは、【言語情報】と【五感情報】を使って、どのように送って、どのように感じ取っていけば良いコミュニケーションとなるのでしょうか?

 

メラビアンの法則

 

メラビアン教授が『コミュニケーション】で、どの情報が人に与える情報量がどれ位多いか調べ、それぞれの割合を示したものがあります。
それは『メラビアンの法則』と呼ばれており、その円グラフを以下に示します。

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラー ブログ 心理カウンセリングと心理学 お悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

 

これを見てお分かりの通り、『言語情報』全体の7%で、情報量の1割も満たしていません。
なので、『言語情報』だけを使って、『視覚情報』と『聴覚情報』を全く使わなかったとしたら、本来、伝えることが可能な情報量のたった7%しか情報を送信できないことになります

 

また、情報の送信もそうですが、相手も『意識的』および『無意識的』に『言語情報』だけでなく、『視覚情報』や『聴覚情報』などの『五感情報』を送信しているので、それらの情報を『五感』を意識して使いしっかりと『情報を受信』し適切な『解釈』おこなっていかなければなりません

 

情報の受信の場合も、相手は『言語情報』のみを送信しているというスタイルで『コミュニケーション』をすると、良くてもたった7%の『言語情報』しか受信できずその後の『解釈』も間違えると、情報量が減衰するどころか、『誤解』した情報を受け取ることになるでしょう。

 

『言語情報』と『視覚情報』や『聴覚情報』などの『五感情報』は、それぞれの関係が【相互補完】、【相互修正】をおこなう働きがあるので、『誤解』を失くしていくためにも『言語情報』と『視覚情報』や『聴覚情報』などの『五感情報』はできるだけ多く受信した方が良いでしょう。

 

それだけでなく、相手の気持ちを『察する力(気付く力)』も必要でしょう。
相手の気持ちを『察する』には、得られた情報だけを得て終わりではなく、その得ることが出来た情報から、相手の気持ちを『想像』し、『気付く』ことができる『想像力』を養っていくこと『コミュニケーション能力』を身に付けていくのに必要なことでしょう。

 

気付く力(相手の気持ちを察する力)

気付く(察する)=情報⇒解釈(想像)⇒注目

情報

『言語情報』だけではなく、『視覚情報』、『聴覚情報』などの『五感情報』もしっかりと得る

解釈(想像)

各情報の【相互補完】、【相互修正】の働きにより、『誤解』なく『正確』に『解釈』する
それだけでなく、各情報を元に『想像』を働かせて相手の気持ちや事情を『察する』

注目

『注目』は、バランスが大事です。

 

一つのことばかりを『注目』するのではなく、まずは全体を把握しましょう
そして、自分の気持ちや事情などだけに『注目』せず、相手の気持ちや事情などにも『注目』し、『共同体』の括りで物事を捉えましょう

『コミュニケーション』は、ただの『情報伝達』ではありません。
お互いに感情を持った人間同士が、自分の気持ちを伝えたり相手の気持ちを察したりしてお互いの『欲求』を満たせる交流『コミュニケーション』なのです。

 

それでは、『視覚情報』『聴覚情報』『言語情報』とは、どういうものがあるのかを以下で説明いたします。

『視覚情報』、『聴覚情報』、『言語情報』の要素

『視覚情報』

顔の表情、口の表情、目の動き、顔の角度、しぐさ、うなづき、固まる、手振り、身振り、腕を組む、足を組む、貧乏ゆすりをする、ソワソワする、ジェスチャー、リアクション、ボディーランゲージなど

 

『聴覚情報』

声のボリューム、声の高さ、声のリズム、声の口調、あいづち、擬音、会話の間、呼吸の状態、ため息、リアクションなど

 

『言語情報』

あくまで『言語』による『情報』のみを指します

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ