NO97.子どもの論理的、客観的、冷静的な意見に対しては、同じように対応するのが鉄則!!

NO97.子どもの論理的、客観的、冷静的な意見に対しては、同じように対応するのが鉄則!!

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

以下が、学齢期(6歳から13歳位まで)子ども特徴です

『客観的』『論理的』『理性的』に考える『大人の自我状態(A)』が、子どもの中に芽生え始める時期
『生産性』『欲求』があるため、『未来志向の視点』を持ち始める
以上のようなことがありながらも、まだ『親に見捨てられること、親に愛されないこと=死』『本能的』に捉える
親の強い『批判的な親(CP)』からの言動は、子どもにとっては絶対!!
まだ、『愛着』必要な時期
『外界との接触範囲』が広がるため『比較』おこなうようになる
特にこの時期親の言ったことを頑なに守り続ける傾向にあります

小学生の頃の子どもは、『大人の自我状態(A)』を持ち、客観的に理性的に論理的に『生産性』の欲求獲得するため『創造的欲求』満たすため『未来志向』で、親の悪いと思う所親に改善してもらいたいと思うことに対して意見してくることでしょう

それは、子どもが順調に『発達段階』を積み重ね、健全に成長している証拠なのです!!

『大人の自我状態(A)』から客観的に論理的に冷静に発せられた言葉に対しては、同じく客観的に論理的に冷静に意見を返すのが『心理学』の『交流分析』というものでは、『良好なコミュニケーション』となります

そこで、子どもが、『大人の自我状態(A)』で、客観的に論理的に冷静に意見を言っているにも関わらず客観的に論理的に冷静に意見を返さなかったり話を聞かなかったりもっと悪い場合で、親が、過度に強い『批判的な親(CP)』の自我状態で、子どもを力づくで、押さえつけたら今後の人生どうなるでしょう?

冒頭に記入した①~⑦のこの頃の子どもの特徴より最悪、子どもは、自分がこの家庭に生まれてきた『運命を呪う』ようになります

この頃の『傷つき体験』は、今後の人生に悪影響を及ぼす土台である『劣等感』となります

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top