NO210.ムダ、ムリ、ムラを無くし、能率を上げる

NO210.ムダ、ムリ、ムラを無くし、能率を上げる

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

今回から、『産業・組織心理学』、簡単に言うと、産業と組織(会社)についての心理学についてお話していきたいと思います。

第一次世界大戦後から労働力をより有効にりようしせ、作業能率の向上を目指す『能率増進運動』が盛んになりました。
その『能率増進運動』を展開したパイオニアの一人『上野陽一』が作った『能率10訓』というものがありますので、以下に示します。

ムダ、ムリ、ムラ

①どんな営みをするにも、その目的と目標をを明らかにし、まず、これを確立せよ。
目的と目標がはっきりしないところには励みは起こらぬ。

②その目的と目標を達成するために、最も適合した手段を選んで、これを実現せよ。

③もし、その手段が目的と目標に適合していないと、あるいはムダ、あるいはムリを生む。

④ヒト・モノ・カネをはじめ、時間も空間もこれを十分に活用するような目的のために使え。
活用が正しくないと、やはりムダまたはムリを生む。

⑤ムダとムリはその性質相反し、世の中にムラを作り出す元になる。

⑥ムラがひどくなると大事を起こす。
常にムダを省き、ムリを除いて、ムラを少なくすることに努めよ。
これを怠ると社会は不安になる。

⑦能率とは、ムラを減らして、全てのヒトとモノとカネが生かされている状態である。

⑧全てのもの(ヒト、モノ、カネ、時間、空間)を生かすものは生かされ、これを殺すものは殺される。

⑨人生一切の営みがこの能率の主旨に基づいて行われなければ、社会は安定せず、人類は幸福になれない。

⑩そのためには、個人も家庭も企業、その他の団体も、その営みを能率的に運営することが必要である。

以上が、上野陽一の『能率10訓』です。
一部、かなり厳しい内容もありますが、納得できる部分もあるかと思います。
是非、会社や家庭で、ムリ、ムダ、ムラを無くす、能率的な営みを意識して行動してみてはいかがでしょう。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top