NO121.子どもの『不適切な行動』を正す方法

NO121.子どもの『不適切な行動』を正す方法

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前回、子どもの『不適切な行動』をするケースについてお話をしました。
それでは、今回は、子どもの『不適切な行動』を正す方法についてお話をしていきたいと思います。

以下に、その方法を示します。

①その行動の前後関係をよく観察する
●子どもが不適切な行動をした時、感情的にならず、冷静に対処する(単に『罰』をあたえるようなことはしない)
●目先の問題を解決することだけを考えない(『未来志向』『一貫性』の考えが大事)
●少し距離を置いて、冷静に子どもの行動を観察できるようにする
※以下の点を振り返りましょう
「子どもはどんな状況でそのようなことをするのか?」
「自分は今までにどのような対応を取ってきたのか?」
「自分の対応の効果はどうだったか?」
自分が育てられてきた方法ではなく、対応の結果はどうだったかを考えましょう!!

②不適切な行動に注目せず見守る
●不適切な行動にけがをする、けがをさせるなどの大きな問題がない場合は見守ることも必要(いちいち親が入り込んで、子どもの行動を止めていたら、子どもの行動を観察できない)

③より良い適切な行動を一緒に考える
●強圧的な対応や命令口調にならないようにする
●まず、最初は、子どもの考えをあたたかく受け入れる!!(とても大事な部分です!!
●子どもと一緒に具体的に考える(そうすることで、親と子は『横の関係』『尊敬と信頼の関係』になり、親は子供の『よき相談者』となることができます。子どもは、まだまだ発展途上なのです、『理由』を知るためのサポートをしてあげるのが親の役目です!!)
●まずは、子どもの考えを聞いてから、親の考えを提案する(ただでさえ、大人は子どもよりもはるかに大きく、大人や親が思っている以上に、大人や親に恐怖を感じています。こうすることで、「自分の意見は聞いてもらえるんだ」という感覚をもつことができます。)
●親と子で、話しあって、実際にどうするかの判断は子どもに委ねる

④適切な行動をした時、正の注目を与える
●子どもが少しでも適切な行動をしたら、『勇気づける』(子どもをよく観察し、良い所探し』をする)
●あたりまえと思えることでも、適切な行動を見逃さない
良い所探し』『正の注目』『勇気づける』『心のエネルギー』を育てる『心理学的子育て・教育』で重要な要素なので、どんどん行いましょう!!

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top