NO121.子どもの『不適切な行動』を正す方法

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

前回、子どもの『不適切な行動』をするケースについてお話をしました。
それでは、今回は、子どもの『不適切な行動』を正す方法についてお話をしていきたいと思います。

 

以下に、その方法を示します。

 

子どもの『不適切な行動』を正す方法

①その行動の前後関係をよく観察する

  • 子どもが不適切な行動をした時、感情的にならず、冷静に対処する(単に『罰』を与えるようなことはしない)
  • 目先の問題を解決することだけを考えない(『未来志向』『一貫性』の考えが大事)
  • 少し距離を置いて、冷静に子どもの行動を観察できるようにする

以下の点を振り返りましょう

  • 「子どもはどんな状況でそのようなことをするのか?」
  • 「自分は今までにどのような対応を取ってきたのか?」
  • 「自分の対応の効果はどうだったか?」
  • 自分が育てられてきた方法ではなく、対応の結果はどうだったかを考えましょう!!

 

②『不適切な行動』に注目せず見守る

  • 不適切な行動にけがをする、けがをさせるなどの大きな問題がない場合は見守ることも必要(いちいち親が入り込んで、子どもの行動を止めていたら、子どもの行動を観察できない)

 

③『より良い適切な行動』を一緒に考える

  • 強圧的な対応や命令口調にならないようにする
  • まず、最初は、子どもの考えや気持ちをあたたかく受け入れる!!(とても大事な部分です!!
  • 子どもと一緒に具体的に考える(そうすることで、親と子は『横の関係』『尊敬と信頼の関係』になり、親は子供の『よき相談者』となることができます。子どもは、まだまだ発展途上なのです、『理由』を知るためのサポートをしてあげるのが親の役目です!!)
  • まずは、子どもの考えを聞いてから、親の考えを提案する(ただでさえ、大人は子どもよりもはるかに大きく、大人や親が思っている以上に、大人や親に恐怖を感じています。こうすることで、「自分の意見は聞いてもらえるんだ」という感覚を持ち、『安心』して、本心を話すことができます。)
  • 親と子で、話しあって、実際にどうするかの判断は子どもに委ねる

 

④『適切な行動』をした時、『正の注目』を与える

  • 子どもが少しでも『適切な行動』をしたら、『勇気づける』(子どもをよく観察し、『良い所探し』、それを子どもに伝える)
  • 当たり前と思えることでも、『適切な行動』を見逃さなず、子どもに伝える

『良い所探し』『正の注目』『勇気づける』『心のエネルギー』を育てる『心理学的子育て・教育』で重要な要素なので、どんどん行いましょう!!

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ