NO113.『勇気づけ』の4つの注意点

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

『勇気づけ』は、ほぼ『内発的動機づけ』であるというお話をしました。

 

『内発的動機づけ』は、相手の中にある好奇心達成感などの欲求活性化させ、活性化された欲求(動機)に変えることです。

 

ただ、『勇気づけ』では、注意すべき点がいくつかあります。

 

『勇気づけ』の4つの注意点

①『ほめる』ことは、『勇気づけ』ではない

『ほめる』ことは、『ごほうび』の一種です。
子どもは、かえって『プレッシャー(圧力)』を感じて、『意欲』を失ってしまいます
『結果』に対して『ほめる』と、相手は『結果』をずっと出し続けなければ、認められないと感じるため、『意欲』が減退していきます

 

②『激励』は、『勇気づけ』ではない

「大丈夫!!」「頑張れ!!」「もっと元気を出して!!」『激励』すれば、相手もその気になると思いがちです。
しかし、相手は、『激励』されなくても、「頑張ろう」、「元気を出そう」と思っているのです
『激励』が強ければ、強いほど、相手は『プレッシャー(圧力)』を感じ、そして、「自分の気持ちを分かってくれていない」『共感』してくれていないと感じ、『意欲』が減退していきます

 

③共に喜ぶことが『勇気づけ』

『勇気づけ』とは、相手の立場に立って相手の喜びを感じ取り共に喜びを『共感』し合うことをいいます。
『勇気づけ』は、『上下関係』相手に『ごほうび』を与えたり、『ほめる』ことで、相手を『動機づけ』自分だけが喜ぶことではないのです。
相手の喜びに『共感』し、共に喜ぶこと『尊敬と信頼』の関係ができ、『継続的な動機づけ』ができるようになります。

 

④共に悲しむことは、必ずしも『勇気づけ』にならない

相手が悲しんでいる時に一緒に悲しむことは、『勇気づけ』にならない場合もあります
その行動相手を憐れむ『同情』になりかねないからです。
もし、相手が何か失敗したことに悲しんでいるのならば、共に悲しむこと適切ではないでしょう
なぜなら、『勇気づけ』というものは『尊敬と信頼』土台の元に成り立っているものであり、その行動をとるよりも、『未来志向』の方法を探るべきでしょう。

 

以上が、『勇気づけ』の4つの注意点でした。

 

『勇気づけの4つの注意点』を活かし、生活や仕事の場面で、実践しましょう!!

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~19:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ