NO113.『勇気づけ』の4つの注意点

NO113.『勇気づけ』の4つの注意点

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

『勇気づけ』は、ほぼ『内発的動機づけ』であるというお話をしました。
『内発的動機づけ』は、相手の中にある好奇心や達成感などの欲求を活性化させ、活性化された欲求(動機)に変えることです。

ただ、『勇気づけ』では、注意すべき点がいくつかあります。

『勇気づけ』の4つの注意点を以下に示します。

①『ほめる』ことは、『勇気づけ』ではない
 『ほめる』ことは、『ごほうび』の一種です。
 子どもは、かえって『プレッシャー(圧力)』を感じて、『意欲』を失ってしまいます。
 『結果』に対して『ほめる』と、相手は『結果』をずっと出し続けなければ、認められないと感じ、『意欲』が減退していきます。

②『激励』は、『勇気づけ』ではない
 「大丈夫!!」、「頑張れ!!」、「もっと元気を出して!!」と『激励』すれば、相手もその気になると思いがちです。
 しかし、相手は、『激励』されなくても、「頑張ろう」、「元気を出そう」と思っているのです。
 その『激励』が強ければ、強いほど、相手は『プレッシャー(圧力)』を感じ、そして、「自分の気持ちを分かってくれていない」と『共感』してくれていないと感じ、『意欲』が減退していきます。

③共によろこぶことが『勇気づけ』
 『勇気づけ』とは、相手の立場に立って、相手のよろこびを感じ取り、共によろこびを『共感』し合うことをいいます。
 『勇気づけ』は、『上下関係』で相手に『ごほうび』を与えたり、『ほめる』ことで、相手を『動機づけ』、自分だけがよろこぶことではないのです。
 相手のよろこびに『共感』し、共によろこぶことで『尊敬と信頼』の関係ができ、『継続的な動機づけ』ができるようになります。

④共に悲しむことは、必ずしも『勇気づけ』にならない
 相手が悲しんでいる時に一緒に悲しむことは『勇気づけ』にならない場合もあります。
 その行動は相手を憐れむ『同情』になりかねないからです。
 もし、相手が何か失敗したことに悲しんでいるのならば、共に悲しむことは適切ではないでしょう。
 なぜなら、『勇気づけ』というものは『尊敬と信頼』の土台の元になりたっているものであり、その行動をとるよりも、『未来志向』の方法を探るべきでしょう。

以上が、『勇気づけ』の4つの注意点でした。
これを活かし、生活や仕事の場面で、実践しましょう!!

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top