NO66.子どもは『本能的』に、『親に愛情を受けられない=死』と捉えます!!

NO66.子どもは『本能的』に、『親に愛情を受けられない=死』と捉えます!!

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

それでは、今回、特に、人生の一番の土台となる『乳児期(生誕~1歳半位)』の発達段階については、是非多くの皆様方に、ご理解を深めていただきたいので、お話させていただきたいと思います

ただ、『心理学』を学ぶこと3つメリットを活かして、読み進めていきましょう!!

特に、『想像力』を働かせながら、考えて、読み進めていきましょう!!

まず、子どもは、何も分からないこの世の中に産まれるわけです。

自分よりも、はるかに大きい存在に囲まれた世界で生きていかなければならないのです。

何も分からないこの世の中で、何を信用していいか分からない状態なわけです。

「自分はこの世の中で生きていけるのか?」

「自分はこの世の中の人達を信用していいのか?」

「自分はこの世の中で生きていく価値があるのか?」

という不安常に抱えているわけです。

そして、子どもは、『本能的』親に愛情を受けられないこと見捨てられることは
『死』を意味するわけです。

『本能』が、『無意識』がそう捉えるわけですから、大人とは比べ物にならない耐え難い苦痛を感じることになるのです。

もし、そのような体験をしたのであれば、今後の人生に多大な悪影響を及ぼすことは想像できるでしょう。

『発達心理学』『愛着』非常に重要視されています。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top