NO92.徐々に『大人の自我』を取り入れていく小学生の時期

NO92.徐々に『大人の自我』を取り入れていく小学生の時期

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前回、学齢期(6歳から13歳位まで)『心理学的子育て・教育』達成すべき課題(欲求)についてお話いたしました

この時期は、小学校に通うようになり、いろいろな家庭のこと知ることになります
今まで当たり前だったものが、当たり前ではないことにも気づくようにもなります
さらに、今まで主に関わる大人が親だったのが先生友達の両親など、多くの大人とも関わるようになり『常識』『ルール』など知ることになります
『常識』『ルール』などに従うこと、または、『常識』『ルール』などを活用し、予測可能な状態公平な状態などを作ろうともし始めます

そうしていくことで『客観的』『論理的』『理性的』に考える『大人の自我状態(A)』が、子どもの中に芽生え始めるのが、この時期です。

今までなら親の思った通りに子どもに言うことを聞かせたかったら子どもはほぼ『子どもに自我状態』だけなので「いいから、言うことを聞きなさい!!」と言えば言うことを聞かせれましたがこの時期からはそうはいきません!!
いや、そういうことをすれば、それが『傷つき体験』となり、『発達の土台』にひびが入ります!!

次回は、学齢期の親子のコミュニケーションについて検討していきたいと思います

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top