NO143.『アドラー心理学流』望ましい親子関係の構築のポイント①

NO143.『アドラー心理学流』望ましい親子関係の構築のポイント①

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

ここまで、『アドラー心理学』、特に親子関係における『アドラー心理学』の知識や知恵を学んできました。
今回は、『アドラー心理学流』望ましい親子関係の構築のポイントというタイトルで、ここまでの総まとめ的なポイントを記載したいと思います。

①『相互尊敬』、『相互信頼』し合っていること

②親子は『横の関係』であること
親子関係が『横の関係』でないということは『上下関係』であるということ、『上下関係』であるということは『支配関係』であるということ。
『横の関係』でなければ、子どもは親に何も話せなくなり、自閉的になってしまいます。

③『失敗』という『結果』をとがめず、『長所』を見つけて、認める
『失敗』と④いうのは『過去』のこと。
『未来志向』で、子どもの『長所』を見つけ、それを伸ばしてあげる方が、効果的であり、効率的です。

④子どものあるがままを受け入れ、親のあるべき姿を押し付けない
人間にはいろいろな個性があってあたりまえです。
それに大抵の場合、絶対に悪い、全体に正しいというものはありません。
『リフレーミング』の所でも学んだ通り、物事には必ず複数の面があり、良い面が必ずあります。

⑤兄弟やよその子と『比較』をしない
『比較』は『相対評価』であり、否定される時が必ず存在し、『自信』を失くしていきます。
そうではなく、『絶対評価』で、その子なりの個性を認めて、『勇気づけ』しましょう。

⑥子どもに、『責任』を持たせる『経験』をさせ、『訓練』をする
子どもは、いつか親から巣立っていきます。
子どもの責任は子どもが持たなければならない時が来るわけです。
なので、『計画的』に、『発達段階的』に『責任』を持たせ、『訓練』させる必要があります。

⑦叱らない。そのかわりに、『自然の結末』、『論理的結末』の技法を使う
叱るという行為は『外発的動機づけ』の『罰』にあたり、『アドラー心理学』ではNG。そのかわり、『自然の結末』や『論理的結末』の技法を使い、子どもに『結末』を実際に『体験』させること。
そうすることで、その『結末』や『体験』から、『自立心』や『責任感』が生まれ、子どもの中で、『内発的動機』が沸き上がってくるでしょう。

⑧よくない行動を繰り返す子どもは、『自信』や『勇気』を失った子供と捉え、『勇気づけ』をする
『負の注目』ばかりされていると、誰でも『自信』や『勇気』を失っていきます。
頑張っても、親の期待に応えることができないと感じたら、自分の『自己効力感』を満たすため、良くない行動で『負の注目』を集めようとします。
そうなった場合は、根気よく、子どもの『自信』と『勇気』を取り戻せるよう『勇気づけ』をしましょう。

続きは、次回のブログでお話します。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top