NO100.「自分は何者か」という自信を持った答えを見つけないと社会に出てから苦労をする

NO100.「自分は何者か」という自信を持った答えを見つけないと社会に出てから苦労をする

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

ついに、このブログも100回目となりました!!
皆様のおかげです。
これからも、ずっとつづけていきますので、どうぞご愛読くださるよう、お願いいたします(*^^*)

それでは、青年(13歳から22歳位まで)のお話の続きをしていきましょう

「自分は何者か?」ということに一応の答えを出すことが、この時期の達成されるべき課題(満たされるべき欲求であり、自信を持って、「自分は何者か」を自分の中で理解し、信じられている状態『同一性』と言うことをお話しました
この『同一性』得られると自分価値観信念などを信じ社会貢献し、夢を叶えるために努力していく決意ができている』という『基礎的活力』《忠誠》養われ大人のステージへと進んでいくことができます

この時期は、『自我』確立していくため『反抗期』現れます

とても難しい問題も含んでいると思います、その『反抗期』に対する親の対応間違えると『発達の危機』に陥る可能性もあります

次回、その『反抗期』についてお話していきましょう

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top