NO117.『アドラー心理学』流・子育て法を実践するために

NO117.『アドラー心理学』流・子育て法を実践するために

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

ここまで、『アドラー心理学』の代表的な手法『勇気づけ』などについて説明し、前回、従来の子育て法の問題点について説明いたしました。

今回は、『アドラー心理学』流・子育て法を実践するためにというテーマで、その実践手順や実践のメリットをお話をしていきたいと思います。

①まず、子育ての『目標』をはっきりし、意識する
⇒長期的目標をしっかり立てることで、あせらず、余裕を持って、子どもに接することができる

②100年間進化をし続ける『アドラー心理学』を根拠とした子育て法を学ぶ
⇒『学び』と『実践』を繰り返していけば、自然と原理や応用が身についてくる

③子どもを有効に援助できるようになる
⇒親は子どもの一生の面倒を見ることはできません!!
 『アドラー心理学』を実践すれば、上下関係ではなく、横の関係で、親は子どものよき相談者となれます(逆にいうと、いい親になるには、親はよき相談者になるしかありません)

④これからの社会に合った子育てを意識する
⇒自分の育った環境や受けた子育て法は、残念ながら、時代の流れと共に、古いものとなり、現状に合わないものとなります。
 そのことを認め、現代がどういう時代かを知って、受け入れようとする姿勢も必要!!
 子どもは、親が思っているより、とても賢いです!!
 現代の環境や状況、そして、どのように対応していけばいいか、感じ取り、考えています!!

つまり、どうすべきか・・・

●子どものことを『信用』し、『自立』した子どもに育てる
『アドラー心理学』は、子育てだけではなく、人間関係、人間社会、どこでも使える『柔軟』『有効』な手段です。子育てで実践していれば、子どもも身に付けていき、『変化に対応できる人間』へと育っていくことでしょう。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top