NO131.『親の課題』と『子どもの課題』、『課題の分離』について

NO131.『親の課題』と『子どもの課題』、『課題の分離』について

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

ついつい親は、子どもに何かあった時に『親が責任を持って、助けてあげないと』と思って、先回りして、手を出してしまうものですよね。
もちろん、子どもは発展途上であり、親の助けがなければ生きていけません。
しかし、その責任、『アドラー心理学』では、『課題』という表現が使われますが、その『課題』を全て親が背負ってしまっては、逆に子どもの健全な成長に悪影響を与え、『依存状態』『共依存状態』になりかねません。
親と子の『課題の分離』というものが必要になります。
また、『課題の分離』により、子どもは『自立』していきますし、『課題の分離』があまりされていないと、お互いに感情的になる場面が多くなります。
例えば、子どもが勉強しない、成績が悪いとします。
親は、子どもの将来が心配で、いろいろ言うとは思いますが、それは結局は『子どもの課題』であり、子どもの人生なのです。
極端な例を挙げると、ニュースであったと思いますが、学業のことで、父親が子どもをさしころしましたよね。
子どもの人生なのに・・・
また、『課題の分離』をおこなうと、『課題(責任)の範囲』が決まってきます。
そうなると本来、自分の『課題(責任)の範囲』からもれて、他者に迷惑をかけるということも無くなります。
例えば、夫婦の問題ですね。
ぼくは、正直、お父さんの悪口を子どもに言っては絶対ダメだと思っています。
子どもには、関係ないですし、お父さんも迷惑します。
それは、お父さんとお母さんとの間にある『共同の課題』であり、夫婦で話をしなければ解決しないのです。

★重要キーワード
・子どもの課題
・親の課題
・共同の課題

是非、この機会に皆様の家でも『重要キーワード』を参考にして、『課題の分離』を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top