NO214.集団での対人関係『競争と共同』『支配と服従』

NO214.集団での対人関係『競争と共同』『支配と服従』

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

対人関係とは、人間関係のうち、特に個人と個人の心理的な相互作用がある関係を指します。
職場集団において、私達はどのような対人関係を経験するのでしょうか?
佐々木氏は、対人関係の心理的側面として、『競争と協同』、『支配と服従』、『同調と逸脱』、『達成と親和』の4対を示しています。
この4対について説明をしていきたいと思います。
今回は、『競争と共同』と『支配と服従』についてお話をしたいと思います。

競争と協同
対人関係において、各自が、他者よりも自己の立場を有利にしようとするため、メンバー同士が妨害し合う関係になることを『競争と言います。
逆に、お互いの立場を認め合い、他者の満足が自己の満足につながる関係を『協同と言います。
職場集団においては、『競争』よりも『協同』である方が集団としてまとまり、作業効率も向上すると言われています。

支配と服従
対人関係には、社会的勢力や権威をもって他者をコントロールして、自分の意思に従わせようとする『支配』と、そうした他者のコントロール下に入り、その意思を受け入れる『服従』があります。

フレンチとレーブンは、服従する側から見た場合に、どのような勢力が人を服従させるかについて5つに分類しました。

報酬勢力
自分い与えられる報酬の程度を左右する力を相手が持っていると認知している時に生じる相手の勢力。
例えば、人事考課やボーナス査定をおこなえる上長は報酬勢力の代表と言えます。

強制勢力
相手からの影響に自分が従わない場合、相手から罰を受けるだろうと予期することによって生じる相手の勢力。
例えば、職務命令に従わなければ、減給や望まない部署へ配置転換されると予期する場合などです。

正当勢力
相手が自分に影響を及ぼすべき正当な権利を持ち、自分はその影響を受け入れるべき義務を負っている、自分が判断することによって生じる相手の勢力。
例えば、上司は部下に指示・命令をする権限があり、部下はそれに従う義務があると考えることは、正当勢力と言えます。

準拠性勢力
相手を同一視し、一体になりたいと自分が思うことによって生じる相手の勢力。
自分がその集団に所属していたいと思い、そこのルールに従おうとする心理です。

専門勢力
相手がある特定の知識や技術について専門的な能力を持っていると自分が認知することによって生じる相手の勢力。
特に、自分がその分野の知識・技術に疎い場合は、尚更、その相手に従いやすくなります。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top