NO216.集団での対人関係『同調と逸脱』『達成と親和』

NO216.集団での対人関係『同調と逸脱』『達成と親和』

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前々回、対人関係の4対の要素のうち2つをお話ししました。
今回は、残りの2つである『同調と逸脱』と『達成と親和』についてお話をします。

同調
集団規範が形成されると同時に、メンバーはその集団の規範に従い、同調するように求める『集団からの圧力』も強くなっていきます。
同調しないメンバーに対しては制裁が加えられることがあります。
人が同調する動機には、集団や他のメンバーとの関係を維持し、承認を得て、罰は避けたいという『規範的影響』があります。
例えば、転職や異動をして新たな職場に参入すると、これまでと違う集団規範があることに気づくことがあります。
この規範に従わないと、他のメンバーからの承認が得られなかったり、あるいは、何らかの制裁をうけるようになり職場での居場所がなくなってきています。
通常、新規参入者h、そうならないように、その職場の集団規範に適応するような認知の仕方や行動様式を身に付け、職場になじんでいくのです。
しかし、同調の動機には単に罰の回避だけでなく、集団や他のメンバーの意見を有効な参考情報として受け取り適切な行動をしたいという『情報的影響』もあります。
ただし、『規範的影響』と『情報的影響』は表面的に同一の行動として見えるので、本人にしかそれを区別することはできません。

逸脱
集団規範に沿わない行動や態度をとることを『逸脱』といいます。
逸脱の動機には、集団規範や集団からの期待とは関係なく自分独自の立場をとろうとする『独立』と、あえて集団規範や期待とは反対の態度や行動をとろうとする『反同調』があります。
規範に忠実に同調してきた者は、報酬として地位と信用が与えられますが、これにより、その物はある程度の逸脱が許容されることがあります。
これを『独自性クレジット』と言います。
そして、地位と信用を得た者がその蓄積した信用(=クレジット)を使い切るまでは逸脱が許容されるのです。

達成と親和
達成と親和は、本来、内発的動機の種類である『達成動機』と『親和動機』を意味します。

達成動機』とは、ある優れた目標を立て、それを高い水準で完遂しようとする動機のことです。
達成動機が強い人は、適度な困難を伴う課題に挑戦しようとし、自分の活動の成果に対するフィードバックを求め、成功・失敗の原因を自分の能力や努力に帰属させ、親しさよりも有能さを優先して仕事仲間を選ぶ傾向があります。

一方、『親和動機』とは、他の人と友好的な関係を成立させ、それを維持したいという動機のことです。
親和動機が強い人は、電話や手紙によるコミュニケーションを多くし、他者との会話ではアイ・コンタクトが多く、自分と意見が異なる人への強い反発心を示したり、有能さよりも親しさで仕事仲間を選ぶ傾向があります。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top