NO141.『自然の結末』と『論理的結末』の実践の注意点

NO141.『自然の結末』と『論理的結末』の実践の注意点

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前回、アドラー心理学』の子ども自身に『結果』を『体験』させる子育て法、『自然の結末』と『論理的結末』についてお話をしました。
今回は、その『自然の結末』と『論理的結末』の実践の注意点についてお話したいと思います。

1.『自然の結末』の場合

①子どもの『行動』が、子どもや周囲の安全を脅かす場合は、子どもがその『行動』を起こす前に『共同の課題』にして、話しあい、結末を『予測』させておく

②子どもが幼過ぎて、『体験』から学ぶ『発達レベル』に達していない場合は控える

※親は子供の『発達レベル』をしっかりと把握し、『結末』を『予測』できるようになってから『自然の結末』の方法を使って、子どもに『体験』させて、『成長の機会』を与える

2.『論理的結末』の場合

①親子が『相互尊敬』『相互信頼』の関係であることが前提であり、親子関係が悪ければ、事前の話し合いも、実践の行動も、子どもは『罰』と感じてします。

②親自身の対応に『一貫性』があること(そうでなければ、子どもは混乱してしまう)

※『論理的結末』の方法を使用するには、『アドラー心理学』を使って、親子関係を『相互尊敬』、『相互信頼』の関係まで到達させておく必要がある

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top