NO200.色彩調整を活用しましょう

NO200.色彩調整を活用しましょう

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

『心理カウンセリングと心理学』のブログもついに200回に到達しました(*^▽^*)

皆様のおかげです(*^^)v
これからも、皆様にお役に立てる情報を発信していきたいと思います!!

 

それでは、本題に入らせてもらいます。
人間は色に対して、多様な心理的反応を示します。
『色彩調整』とは、そういった色による心理的反応を踏まえつつ、住環境や労働環境など、様々な環境を人間がより快適に、効率的に、安全に活動できるよう色彩を調整することで、『カラーコンディショニング』ともいいます。

 

色が与える影響の例を以下の示します。

 

【赤】警戒心、注意力を喚起し、人間の感情的興奮や刺激をもたらす。赤は色の中で最も長い波長を持ち、交感神経に刺激を与え体温•血圧•脈をあげる。

 

【オレンジ】楽天的な印象をあたえ、陽気にみえる。消化、新陳代謝をよくする作用があるため、食欲を増進させる。血管や自律神経を刺激し身体を活動的にする。

 

【黄】明るさや希望を与える。運動神経を活性化させる。脳の活性化がよくなり頭の回転が早くなる。集中力がアップする。

 

【緑】情緒の安定、安心感の増加。身体を癒す色。筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせてくれる。また、筋肉や骨その他組織の細胞を作る力を促進したり、暖和効果があるので血圧を下げる。

 

【青】爽快感、冷静を与える。鎮静作用があり、精神的に落ち着かせる作用がある。体温の低下、痛みの暖和などの作用もある。

 

【紫】高貴さ優雅さを表す。集中力アップ、鎮静効果。リンパ管や心筋、運動神経の働きを抑制する。

 

【黒】力強さ、高級感を与える。相手を威圧し、力を象徴する。

 

【白】純潔さや純真さを表す。過去を清算してリセットする色。

 

例えば、青や緑などの寒色は落ち着きや涼しさを感じさせ、赤やオレンジなどの暖色は暖かさを感じさせます。
このように、自分の心理状態を調整したい時、色が心理に与える影響を把握し、服装やインテリアを変えてみるといいでしょう。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top