NO191.言葉だけでは相手に十分伝わらない

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

人間は他者とコミュニケーションを取る時、言葉を使って、相手に伝えたいことを伝えます。

では、言葉を相手に伝えれば、それで伝えたいことが十分伝わるのでしょうか?
実は、コミュニケーションには、大きく分けて、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションがあり、言語だけでおこなわれるものがコミュニケーションの全てではないのです。
非言語的コミュニケーションは、さらに、視覚情報と聴覚情報に分けられます。
視覚情報とは、顔の表情や視線、姿勢やボディーランゲージ、ジェスチャーなどのことをいいます。
聴覚情報とは、声の大きさや声のトーン、話しのスピードや、間、イントネーションなどのことを言います。
つまり、コミュニケーションは、言語情報だけで伝えられるものではなく、言語情報、聴覚情報、視覚情報の3つにより伝えられるのです。

 

心理学者のメラビアンは、言語情報、聴覚情報、視覚情報が相手に与える情報がそれぞれどれくらいの割合なのかを実権により調べました。
なんと、驚くことに視覚情報が55%で、次に聴覚情報が38%、そして、最後に、言語情報がたったの7%だったのです。

 

なので、例えば、好きな相手に好意を伝える時などは、ただ「好きだ」というだけではなく、顔の表情にも好意を表し、体を動かして愛情を表現し、声の大きさや声のトーンなども本当に「好きなんだ」と伝わるように表現するときっと相手にも伝わるでしょう。

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ