NO153.『共同体感覚』について

NO153.『共同体感覚』について

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

ここまで、アドラー心理学の基本技法である『勇気づけ』、そして、アドラー心理学を構成する『5つの理論』について説明してきました。
これをしっかりと実践し、目標として向かうべきアドラー心理学で最も重要視されているものに『共同体感覚』があります。
ぼくは、『共同体感覚』を得るための心理学が『アドラー心理学』だと思っています。

『共同体感覚』を持っている人は、周りの人達と『相互尊敬』、『相互信頼』の関係を築き、積極的に「貢献しよう」、「協力しよう」という意識が働きます。

以下に『共同体感覚』を持つのに必要なことを示します

自己受容

共同体感覚のある人は、自分を理解し、長所も短所も含めた、ありのままの自分をそのまま受け入れることができます。
これを『自己受容』といいます。

『うぬぼれ』との違い
うぬぼれは、自分の欠点をみようとせず、「相手よりゆういに立ってやろう」と競争的な姿勢をとることです。

仲間が『関心』を持っていることに『関心』を持つこと
これは、特に重要なことです。
自分の『関心』だけで、相手を見て、相手を判断ししていると、相手は心を開かず、いつまでも『共同体』にはなれません。
相手の『関心』に『関心』を持つこと!!

所属グループの一員だという感覚があること
この感覚があれば、所属グループの人達も自分を認め、そして、『所属的欲求』も満たされます。

積極的な『貢献心』があること
人間には他者や社会に『貢献したい』という『欲求』を持っています。
ある程度の良好な人間関係があるのならば、積極的に『貢献的行動』をとりましょう!!
その行動は、良い形で自分に返ってきて、相乗効果(シナジー)が生まれるでしょう。

『相互尊敬』、『相互信頼』
『横の関係』で、意見も言いやすく、お互いがお互いを認め合い、助け合える状態。

『競争的』ではなく『協力的』である
『競争』により、優劣をつけるやり方は結果的に非生産的です。
それよりも、所属グループの人達はお互いに『協力』し合っていく方が『建設的』で『生産的』です。

『共同体感覚』は、『精神的な健康のバロメーター』にもなります。
つまり、精神的な健康度が下がってくると、『共同体感覚』も下がりがちになります。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top