NO133.親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか①

NO133.親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか①

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

親子関係において、『アドラー心理学』の『課題の分離』により、『親の課題』、『子どもの課題』、『共同の課題』があることをお話ししました。
そして、親は、過度に『子どもの課題』に踏み込むことで、あらゆるデメリットが生じることをお話ししました。
それでは、どういうものを『共同の課題』と捉えたらいいのでしょうか?

今回は、その『共同の課題』についてお話をしていきたいと思います。

1.『子どもの課題』を『共同の課題』にするケース
①子どもが親に自分の課題を相談したり、依頼してきた時
例えば、子どもが自分から「勉強についていけないんだけど・・・」などと相談してきたら、親は子どもを保護し、教育する責任がありますから、きちんと話を聞いてあげましょう。
まずは、話しを聞くことが大事でしょう。
そして、援助的なサポート(自分でできることは自分でしてもらう)をするとよいでしょう。
『課題の分離』とはいっても、「あなたの課題はあなたの課題で私には関係ないわ」というたいどであれば、今度は『相互尊敬』、『相互信頼』の関係が崩れてしまいます。

②子どもの行動で親が迷惑を受けた時
親と子どもは『アドラー心理学』では『横の関係』であるべきと考えます。
なので、子どもの乱暴な行動で親が自分の大切なものが壊されたりしたら、それは『共同の課題』とし、親の感情や意見などを同じ人間として伝えるべきでしょう。
ただ、『上から下への関係』、『支配的関係』にならないように、過度に感情的になったりせず、子どもに分かるように導いてあげる必要があるでしょう。

『課題の分離』はケースバイケース!!
柔軟に『分離』と『共同』を使い分けましょう!!

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top