NO135.親は子供から『共同の課題』を持ちかけられた時、どのように向き合えばいいか

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

前々回、前回と『共同の課題』についてお話をしてきました。
今回は、親は子供から『共同の課題』を持ちかけられた時、どのように向き合えばいいかについてお話をしていきたいと思います。
①いつまでも放っておかないで相談に乗る
●子どもから相談された時に、放っておくと、子どもは「愛されていないんだ・・・」と感じる
(大人ならば、忙しいのかなと思うかもしれませんが、大人と子供は全く別の生き物だと思っていた方がいいでしょう。子どもにとって、親に愛されているかどうかは、死ぬか死なないか位のレベルで本能で捉えてしまいます。だから、子どもは親に愛されているかどうかで考えてしまうのです)
●親に相談してもしょうがないと、何も言わなくなる。
②共同でおこなう
●一緒に考え、一緒に行動する
●『横の関係』で『共同』でおこなう
③親だけで解決しない
●子どもは『共同』して欲しいと持ちかけている訳です。
決して、親がすぐに答えを出したり、手を出したりしないようにしましょう。
そうすると、子どもは親に『依存』するようになります。
④冷静に、理性的、論理的に話し合いをする
例えば、友達から借りていた大事なおもちゃを壊して、友達に打ち明けられないことを相談してきたとします。
そこで、親は、感情的になり「なんで、壊したんだよ!!」と怒鳴っても、解決もしませんし、子どもも怖くて、もう相談してこなくなります。
その時は、感情は冷静に、理性を保って、論理的に共同作業で問題の解決方法を探していきましょう。
そういう『経験の積み重ね』が、子どもを成長させていきます。

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ