NO134.親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか②

NO134.親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか②

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

今回は、前回に引き続き、親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか②というテーマでお話していきたいと思います。

2.『親の課題』を『共同の課題』にするケース
①親から子どもに対して相談し、依頼した場合
例えば、お母さんが今まで専業主婦をしていて、家事を全てしていたが、家計が厳しくなりパートに出た方がいいということになった場合、それは、親と子供の『共同の課題』として捉え、子どもにも話をしておくべきでしょう。
仕事をすることは『子どもの課題』ではありませんが、家族という大事な括りがあるため、このような場合は、『共同の課題』として、子どもとも丁寧に話をするべきでしょう。

②親の行動により、子どもが迷惑をこうむった時
例えば、両親が不仲で、いつもけんかが絶えず、逆に子どもにも悪影響を与え、親たちも結婚生活がもう限界だと感じ、離婚することになった場合など、子どもの年齢にもよりますが、当然『共同の課題』であり、子どもに説明したり、なだめたりなどは必要になるでしょう。
個人的には、両親の離婚は子どもの心を深く傷つけてしまうため、極力しない方がいいとおもっていますが・・・

『課題の分離』とはいっても、家族である以上『共同の課題』はあり、発生する可能性があります!!
逆に、『共同の課題』にすべきことは何かという視点も大事です!!

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top