NO219.集団のデメリット①

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

ここまで、人間関係および対人関係が、職場集団と相互に影響し合うことをお話してきました。
その中には、職場集団として思わぬデメリットが生じる場合があります。
以下に、その例を示します。
■会議などの意思決定におけるデメリット
会議は、集団や組織における正式な意思決定の場です。
組織においては、職場の上司・同僚でおこなわれる皆具から、経営陣による経営会議まで、様々な会議がおこなわれています。
民主主義においては、会議での意思決定はメンバー全員の意見を考慮することを前提にしていますから、会議で得られた意思決定は個人による意思決定よりも優れたものになると考えられます。
しかし、実際の集団による意思決定は必ずしもそうとは限りません。
その例として、『集団分極化』、『集団浅慮集団思考)』があります。
①『集団分極化
集団分極化』とは、集団による決定が個人による決定よりもリスク(危険性)のある大胆な方向(リスキーシフト)に、あるいは、より慎重な方向(コーシャスシフト)に決定される現象です。
会議などで各メンバーが他のメンバーの意見を知ることによって、集団としてより望ましい方へ意見を変更したり、多数派に同調したりすることがあります。
そのことが、集団としてはより極端な決定に偏重させてしまうのです。
②『集団浅慮集団思考)』
ジャニス氏は、ケネディ大統領の国家安全保障会議など、アメリカの政策上の失敗事例を分析し、集団による買っていがむしろ愚かで浅はかな決定を下すことがあることを指摘しています。
このことを『集団浅慮』あるいは『集団思考』と言います。
例えば、自分達の集団が絶対に正しいと評価したり(過大評価集団自身による自己弁護や集団外部に対する偏見があったり(閉ざされた意識自分の意見を集団に合わせること(均一性への圧力などによって『集団浅慮』が進みます。
ジャニス氏は、団結力がある集団で、メンバーに発言の機会を平等に与える公平なリーダーでない場合、良い解決が望めないが外部から強い脅威が迫っている場合に『集団浅慮』に陥りやすいとしています。
より良い意思決定のために
よりよい意思決定をするためには、少数意見や反対意見を許容し、代替案や目標を充分に精査し、採用しようとしている選択肢の危険性や一旦否定された代替案の再検討をおこなう、ということなどに留意すると良いとされています。
そのためには、その意見を精査する機会を絶えず意識的に設ける必要があります。
多数意見に集団が流されないようにするために意図的に反対役を立てて多数意見を再検討する方法集団をいくつかに分けて別々の意見を立てて相互に検討する方法などが考えられます。

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ