NO119.子どもの行動の『目的』を知り、子どもの困った行動に対処しましょう!!

NO119.子どもの行動の『目的』を知り、子どもの困った行動に対処しましょう!!

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前回のブログで、人間の行動には必ず『目的』があり、その『目的』をしっかりと知らないと、行動を変えることができないことをお話しました。

それでは、いくつかの例を挙げて、その行動の『目的』と『対処方法』を考えてみましょう。

子どもの「かまって、かまって」がおさまらない
 例えば、お母さんが洗濯や台所の仕事などの家事をしている時に、子どもが「遊んで」と言ってきます。
 子どもは、遊びたい欲求が強い生き物なので、何度も「遊んで」を繰り返していくでしょう。
 そこで、お母さんが家事の途中で、「しょうがないわね、ちょっとだけよ」と言ってしまうと、子どもは「粘って要求すれば、自分の思い通りに行くんだ」ということを学習してしまうのです。
 そうなると、今度は、泣いたり、わめいたりして要求します。
 でもそれは、自分の『目的』を果たすための作戦なのです。
 子どもの行動は、親が要求を聞いている間、どんどんエスカレートしていきます。
 それなら、『無視』し続ければいいの?と思われるかもしれませんが、人間にとって、特に子供にとって『無視』は心を深く傷つけてしまいます。
 そこで、『代替案』として、『お手伝い』をお願いするといいでしょう。
 お母さんと一緒に家事をし、子どもを『勇気づけ』ながら、家事をして、「ありがとう」と言葉をかけてあげれば、家事も子どもにとってやりがいのあるものと変わるでしょう。
 あとは、「〇〇時から〇〇時に遊んであげる」と約束事やルールを作ることも効果的です。

無視した場合
 『無視』は最もつらいことなので、怒られてもいいから『負の注目』をされるため、いたずらなどの不適切な行動を始めます。
 それでも、『無視』することを続けると、子どもは、親に愛されないことに耐えられないので、かまってもらいたいという『希望』や『感情』を捨て、『無気力』で、『自閉的』な子どもになってしまいます。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top