NO73.子どもが「自分はダメな子なんだ・・・」と思わない『しつけの仕方』

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

それでは、子どもへの『しつけ』で注意すべきポイントは、「自分はダメな子なんだ・・・」と思わせない『コミュニケーション方法』を考えていきましょう!!

 

①ただ、子どもに「ダメでしょ!!」と言うのは禁句!!

 

緊急をようする時以外、ただ、「ダメでしょ!!」というのは一番やってはいけないことです!!
それにより、子どもは、「自分はダメな人間なんだ・・・」『人格』を否定されたように、『感覚的』に感じてしまいます!!
そこから、「自分はダメな人間なんだ・・・」「自分は愛されてないんだ・・・」「自分は必要のない人間なんだ・・・」というふうに『傷つき体験』になりかねないので、注意が必要です!!

 

②子どもの『不適切行動』があった時、親のサポートで、子どもに考えさせる

 

子どもの『不適切行動』があった時に、「それはいいやり方だと思う?」と子どもに尋ね、考えさせるのが大切です。
その理由は、

 

  • 『人格』ではなく『行動』を対象にしている
  • 何故、自分の行動がダメだったのか、理由が分かる
  • 一方的ではなく、双方的なコミュニケーションである
  • 早期児童期(1歳から3歳位まで)で重要な課題(欲求)である『自律性』を養う対応である

 

③『しつけ』の後は、子どもが『感覚的』、『本能的』に『親の愛情』を感じられるように対応する

 

単純に『しつけ』は、子どもにとって『恐怖』であり、「親に愛されていない」、場合によっては、「親に捨てられる」『感覚的』『本能的』に考えてしまう可能性があるものです。
なので、『しつけ』の後は、以下の対応をしてください!!

 

  • あなた(子ども)のための『しつけ』のであることを納得いくまで説明する
  • 抱きしめてあげる(『愛着』

 

以上の対応をし、最後に、子どもが『笑顔』になれば、きっと良い対応をしたということでしょう!!

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~19:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ