NO102.『未来を捨てた破壊的反抗期』は何故生まれるのか?

NO102.『未来を捨てた破壊的反抗期』は何故生まれるのか?

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

それでは、青年(13歳から22歳位まで)のお話の続きをしていきましょう

ここでは、『過度の問題のある反抗期』についてお話をしていきたいと思います

人間は、他者に自分の欲求を受け入れてもらう手段として『大人の自我状態(A)』発達段階的養っていきます
この時期から、急に大人になったように見えてもこの時期で、いきなり『大人の自我状態(A)』が現れるわけではないのです
そして、この時期になって成長期に入り、子ども体が大きくなり男の子は大人の男の体女の子は大人の女の体になっていきます
子どもは、ずっと『大人の自我状態(A)』⇔『大人の自我状態(A)』のコミュニケーション望んでいたものが子どもは体が大きくなり大人の男の体大人の女の体となり正当な方法通用しないと思っているとついに『爆発』し、『夢』を追いかける『社会貢献』し存在意義を感じる自分の『理想』を追求するといった『創造的行動』ではなく自分の『同一性』つまり『自分はどういう人間であるか』知らせるために『未来』を見捨てた『破壊的行動』である過度の『反抗期』現れる場合があると思われます

『反抗期』自体は、悪いものではなく成長の証でもあります

ただ、『未来』を見捨てた『破壊的行動』である過度の『反抗期』何としても避けたいところです

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top