NO128.『勇気づけ』の言葉かけ(実践編②)

NO128.『勇気づけ』の言葉かけ(実践編②)

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

今回は、前回に引き続き『勇気づけ』の言葉かけ(実践編②)をテーマにやっていきたいと思います。

では、事例を元に相手に対して、どういう言葉かけが『勇気づけ』になるのか、実際に考えていきましょう。

×:悪い例
〇:良い例
★:ポイント

例3.部下が時間内に仕事を終えていなかった時
×:遅いわね。あなた、ダメだわ。
〇:どうやったら、仕事を時間内に終えられるか私と一緒に考えましょう。
★×の対応では、仕事が遅くなってしまった理由なども聞かず、『人格否定』、『レッテル貼り』をして、最悪な対応です。
〇では、相手の事情を聞く姿勢を見せ、チームとして対応しようとしているので、相手は『共同体感覚』を得ることができ、『相互信頼関係』ができるので、相手は自分に「どうやったら仕事が早くできるか」などを自発的に聞いてくるでしょう。

例4.同僚があまりやっていなかった仕事を気を利かせてやっていた時
×:その仕事やってくれる時もあるんだ。これからも、やってほしいけどね。
〇:ありがとううれしい。
★:×は、まず最初に嫌味ととれることを言って、「これからもやってほしい」と言っています。
これでは、今がマイナス点で、頑張った所で0点という印象を与え、やる気がなくなります。
そして、この言い方だと、相手はその人の機嫌をとって仕事しなければいけないのかと思い、遠ざけるようになり、『相互信頼関係』、『共同関係』は生まれません。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top