NO84.3歳から6歳位の子どもは自分の『欲求』を我慢する!!だが、そのままでは健全に育たない!!

NO84.3歳から6歳位の子どもは自分の『欲求』を我慢する!!だが、そのままでは健全に育たない!!

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

前回、遊戯期(3歳から6歳位まで)でのお父さん、お母さんの課題は、『しつけ』VS『積極性』の中で、いかに子どもの『課題(欲求)』である『積極性』を養っていくかであり、そのためには、その逆、『発達の危機』である『罪悪感』ついて知る必要があるとお話ししました。

子どもは、前の発達段階で養われた『自律性』土台にして、「親のようになりたい」思うようになり、親の言動から学び自分の中に『親の自我状態』作り出していき、自分の中に自分の欲求を満たしたいという『子どもの自我状態』自分を律する『親の自我状態』共存することになるとお話をしました
なので、子どもこの時期『親の自我状態(理性)』『子どもの自我状態(欲求』との間で『葛藤』が生まれ理性』『欲求』おさえれるようになります

分かりやすく言うと物分かりの良い子になる可能性高くなります
良いように思いますがこの時期はより注意しないといけない時期でもあります。
今までのブログお分かりかと思いますがそれぞれの発達段階の課題『その時に満たされるべき欲求』です。

理性』『葛藤』『満たされるべき欲求』満たされないと『積極性』得られず次の発達段階の活力『目的性』養われません

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top