NO94.子どもの理論的、論理的な会話には、親も理論的、論理的に話をしましょう!!

NO94.子どもの理論的、論理的な会話には、親も理論的、論理的に話をしましょう!!

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

では、学齢期(6歳から13歳位まで)親子の関わり方について考えていきたいと思います

前回、学齢期(6歳から13歳位まで)子ども特徴について、以下のようにお伝えしたと思います

『客観的』『論理的』『理性的』に考える『大人の自我状態(A)』が、子どもの中に芽生え始める時期
『生産性』『欲求』があるため、『未来志向の視点』を持ち始める
以上のようなことがありながらも、まだ『親に見捨てられること、親に愛されないこと=死』『本能的』に捉える
親の強い『批判的な親(CP)』からの言動は、子どもにとっては絶対!!
まだ、『愛着』必要な時期
『外界との接触範囲』が広がるため『比較』おこなうようになる
特にこの時期親の言ったことを頑なに守り続ける傾向にあります

それでは、起こりうるケースを、それぞれ考えていきたいと思います

子ども『大人の自我状態(A)』『客観的』『論理的』『理性的』に会話をしてきた時

今までだったら親の自我状態である『批判的な親(CP)』『保護的な親(NP)』で対応しても、大丈夫でしたがその自我状態から発せられる言動は、子どもを下に見た支配的で、『自主性』『生産性』奪うものになり子どもの『健全な発達』『満たされるべき欲求』妨げるものとなります

『心理学』には『交流分析』というものがあり、『対話分析』というものがあり、相手の自我状態に対して、自分はどの自我状態で接すれば、『良好なコミュニケーション』がおこなわれるかというものがあります
ここでは、詳細までの話はしませんが、この場合『大人の自我状態(A)』『大人の自我状態(A)』いいことになります

なので、親も相手の子どもの『大人の自我状態(A)』に対して、『客観的』『論理的』『理性的』『対話』をし、答えを決めつけず、議論をして《Iメッセージ》「私は、・・・と思うよ」と言う風に最初に、一人称の主語をつけて話をするといいでしょう

では、次回、他の起こりうるケースを考えていきましょう。

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top