NO264.ACTの心理カウンセリングの全体の流れ

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

1.『カウンセリングルーム こころの相談所』の心理カウンセリングの基本的なサイクル

LPDCAサイクル

『カウンセリングルーム こころの相談所』の心理カウンセリングは、基本的に『LPDCAサイクル』でおこなっていきます。

①L(Learning):学習

心理カウンセラーから心理カウンセリングを進行するために必要な『心理教育』や問題解決に必要な『心理教育』を受け、『学習』します。

 

②P(Plan):計画

心理カウンセラーとともに問題解決のための『目標』を設定し、『目標』を達成するための『具体的な実行内容』を『計画』します。

 

③D(Do):実行

ご自分の日常生活の中で、『計画』した内容に基づいて『実行』していき、『実行内容』と『実行結果』などを『実行記録表』に記入していきます。

 

④C(Check):評価(反省点の洗い出し)

心理カウンセラーとともに『実行記録表』をベースに話をしていき、『実行した内容』の『評価(反省点の洗い出し)』をおこないます。

 

⑤A(Act):分析(改善方法の検討)

心理カウンセラーとともに『反省点』について話をしていき、『分析(改善方法の検討)』をおこないます。

 

ここまでで、問題が解決されていれば終了、問題が解決されていなければ、『①L(Learning):学習』または『②P(Plan):計画』に戻り、反復て繰り返します。

 

2.ACTのサイクル

LPDCAサイクル

①L(Learning):学習
1回目

心理カウンセラーからACTの基本的な知識について『心理教育』を受け、『学習』します。

 

2回目以降

心理カウンセラーから【状況】に合わせて必要な知識について『心理教育』を受け、『学習』します。

 

②P(Plan):計画

毎日、満たすべき『欲求』の『目標』を設定し、『目標』を達成するためご自分で日常生活の中で実行する『具体的な実行内容』を『計画』して、『計画書』に記入し、『スケジュール表』に記入します。

 

a.『価値(自分人生にとって何が価値があるのかを知っておく)』

自分の人生という大きな括りで『マズローの欲求5段階説』を元に、自分にとって『価値』のある『欲求』を『計画書』に記入する。

 

b.コミットされた行為(自分人生にとって価値がある行動を積み重ねていく)の『満たしていく欲求』の『目標』、【行動】と【想像】の『実行内容の計画』を『計画』する

自分の人生という大きな括りでポジティブで『価値』のある『欲求』に基づいて、『コミットされた行為』の具体的な『満たしていく欲求』の『目標』、【行動】と【想像】の『実行内容の計画』を『計画』し、『計画書』に記入する。

 

c.『「今、この瞬間」との接触(今、この瞬間のみに存在する)』の『満たしていく欲求』の『目標』、【行動】と【想像】の『実行内容の計画』を『計画』する

『計画』した『コミットされた行為』の中から、『「今、この瞬間」との接触(今、この瞬間のみに存在する)』をおこなう『コミットされた行為の内容』を選び、『計画』し、『「今、この瞬間」との接触(今、この瞬間のみに存在する)』の『目標』と【行動】と【想像】の『実行内容の計画』を『計画書』に記入する。

 

d.『脱フュージョン(違う存在の新しい自分で物事を捉える)』の『満たしていく欲求』の『目標』、【行動】と【想像】の『実行内容の計画』を『計画』する

『計画』した『コミットされた行為』の中から、『脱フュージョン(違う存在の新しい自分で物事を捉える)』をおこなう『コミットされた行為の内容』を選び、『計画』し、『脱フュージョン』の『目標』と【行動】と【想像】の『実行内容の計画』『計画書』に記入する。

 

e.『アクセプタンス(受け容れて、とりあえず置いたままにしておく場所を用意しておく)』

『アクセプタンス』は、特に『計画』はせずに、ネガティブな【思考】、ネガティブな【気分・感情】が出てきた時に、『「今、この瞬間」との接触』と『脱フュージョン』をおこなってしてください。
もし、ネガティブな【気分・感情】、ネガティブな【思考】などが現れたら、対処しようとせず、上記のことに【注目】してください。
『アクセプタンス』は、上記をおこなっていくことにより、自然とできるようになっていきます。
『アクセプタンス』をおこなった場合、その『実行内容』と『実行結果』を『実行記録表』に記入してください。

 

f.『文脈としての自己(違う存在の新しい自分で今までの自分を客観視する)』

これは、心理カウンセラーとおこなう心理カウンセリング(認知行動療法など)に当たります。
なので、相談者様は特に『計画』したり、『実行』したりしなくていいです。

 

③D(Do):実行

ご自分の日常生活の中で、『計画』した内容に基づいて、『ACTのスケジュール表』を作成し、『実行』していき、『実行結果と変化』を『実行記録表』に記入していきます。
そうして、『時間の構造化』(行動の習慣化)をおこなっていきます。

 

《『実行結果と変化』の記入方法》

『五感(現実と想像)』、『思考(自動思考、セルフトーク、客観視した思考、想像、想起、予想)』、『気分・感情』、『行動(現実と想像)』、『身体反応(現実と想像)』の5つの要素をできるだけ入れて、『計画を実行した結果』と『変化』について記入してください。

 

a.『ACTのスケジュール表』を作成する(時間の構造化)

ご自分の日常生活の中で、『計画』した内容に基づいて、『コミットされた行為』、『「今、この瞬間」との接触』、『脱フュージョン』の『ACTのスケジュール表』を作成し、『時間の構造化』(行動の習慣化)をおこなっていきます。

 

b.実行

ご自分の日常生活の中で、『計画』と『ACTのスケジュール表』に基づいて、『実行』していきます。

 

c.『実行記録表』の記入

ご自分で日常生活の中でおこなった『実行結果と変化』について『実行記録表』に記入する。

 

④C(Check):評価(反省点の洗い出し)

心理カウンセラーとともに『実行記録表』をベースに話をしていき、『実行内容』の『評価(反省点の洗い出し)』をおこないます。

 

⑤A(Act):分析(改善方法の検討)

心理カウンセラーとともに『反省点』について話をしていき、『分析(改善方法の検討)』をおこないます。

 

ここまでで、問題が解決されていれば終了、問題が解決されていなければ『①L(Learning):学習』または『②P(Plan):計画』に戻り、反復しいて繰り返します。

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ