NO116.『アドラー心理学』から見た従来の子育ての4つの問題点

NO116.『アドラー心理学』から見た従来の子育ての4つの問題点

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

今現在、ブログでは、『アドラー心理学』をテーマにやっています。
そして、『アドラー心理学』の重要な手法の一つ『勇気づけ』についてもお話してきました。
まだ、『アドラー心理学』についてお話をしていこうと思っています。

今回は、『アドラー心理学』から見た『従来の子育て』の『問題点』を挙げ、『心理学的子育て・教育』に意識を向けていただければと思います。

★従来の子育ての4つの問題点

①子育ての『目標』がはっきりせず、目先の対応にとらわれすぎている
 「こうありたい」という『目標』がないと、ついその場限りの『ごまかし』『感情的な対応』をしてしまって、子育てに『一貫性』がなくなりがち
⇒子どもを敵に回し、親子関係『尊敬と信頼の関係』が悪くなる
ポイント
子どもと『目標』を共有し、『未来志向』で、『目標』に向かった『一貫性』のある子育てで親子関係『尊敬と信頼の関係』を築いていく(『ごまかし』『感情的な対応』はNG)!!

②効果的でない
 叱る、罰する、おだてる、なだめる(全て『外発的動機づけ』)といったしつけが一般的になっている
『非行』『不登校』『引きこもり』『家庭内暴力』『いじめ』を増長させてしまう
ポイント
①をベースに『一貫性』のあるしつけをし、その場限りの『外発的動機づけ』のしつけはしない!!

③自分の経験だけに頼っていて、偏っている
 自分が育ってきた経験を元にして、子育てをすし、現代の心理学や教育学を学んでいない
⇒その子どもの『価値観』や『信念』、『夢』などがあり、現代が親の育ってきた環境と同じとは言えない
ポイント
自分の経験を参考に教えるのはいいが、無理強いしてはいけない!!子どもの中に宿っている『価値観』や『信念』、『夢』などの『強い心のエネルギー』を引き出す、『勇気づけ』をおこない『心理学的子育て・教育』をおこなっていくべき!!
親は子どもの一生に対して責任が取れない!!

④これからの社会に適さない
よい学校良い成績よい就職安定した生活」という公式をいまだに信じ、子どもに求める親が多い
正直、現代社会は、この公式は全く成り立たない世の中になっています。
この変化の激しいこの世の中では、多様な価値観から、自分で決断し、行動することが必要。
ポイント
学校の成績も無駄ではないが、大きな変化があった時でも、自分自身を『勇気づけ』『強い心のエネルギー』を引き出せるようになる教育『心理学的子育て・教育』が必要!!

以上が、『アドラー心理学』から見た従来の子育ての4つの問題点でした

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top