NO208.それぞれの人の物事の捉え方『認知』、それを改善する『認知療法』

NO208.それぞれの人の物事の捉え方『認知』、それを改善する『認知療法』

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

例えば、同じ出来事が起こったとしても、人それぞれ物事の捉え方は違います。
例えば、ステーキが一枚あったとしても、「やったー!!ステーキが1枚もある」と思う人もいれば、「えー!!ステーキが1枚もあるの!?」と思う人もいます。
それは、おなかが減ったいる人、おなかがいっぱいの人、または、ステーキが好きな人、ステーキが嫌いな人などによって物事の捉え方や考え方がそれぞれ違ってきます。
このように人それぞれの信念、理想、価値観、性格、経験などによる思考パターンの枠組みを『認知』といいます。

もし、あなたの思考パターンが、自分自身を苦しめている原因である場合、そこには、『認知のゆがみ』があるということができます。
しかし、その思考パターンは、あなたがこれまで生きていくために作られた思考パターンであるため、それを手放すには抵抗を感じるかもしれません。
あなたやあなたの周囲の人達を苦しめたり、困らせたりする認知を『不適応的認知』といい、あなたやあなたの周囲の人達を幸せにしたり、助けたりする認知を『適応的認知』といいます。
『認知のゆがみ』を見つけ、改善し、『不適応的認知』『適応的認知』に変えていく心理療法のことを『認知療法』といいます。

もし、あなたが、自分の思考に悩まされているようなら、カウンセリングを利用されてみてはいかがでしょうか?

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top