NO171.注意する時のポイント

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

相手を注意する時には、以下の3つのポイントがあります。
1.行動に対する指摘はOKだが、人格否定はNG
行動に対する指摘なら、本人も反省することができ、行動を改めることができる。
人格に対する否定は、非常に幅広い範囲のものとなり、本人がすぐに変えられるものではなく、存在自体を否定されたように思ってしまう。
2.失敗した理由ばかりを追求するのではなく、相手の目的を訪ねる
「なぜ、こんな失敗をしたんだ?」、「どうして、俺の言う通りにしなかったんだ?」と失敗した理由ばかりを追求しても何も解決しません。
何故なら、人間は必ず何らかの『目的』や『意図』を持って行動するからです。
それを把握しないことには、問題を解決することはできません。
なので、「どのようにやろうと思ってたの?」とか、「そういう風にしたのは、どんな狙いがあったの?」などのように、相手の『目的』や『意図』を尋ねるようにしましょう。
3.Iメッセージを使う
人は注意する時、つい「あなたは、・・・だよね」と主語を「あなた」の二人称で注意しがちです。
しかし、この発言は、自分基準で相手を決めつけた言い方となってしまいます。
そうならないようにするテクニックとして、『Iメッセージ』があります。
『I』とは、英語で「私は・・・」を指します。
つまり、主語を『I』に変えるだけで、相手が不愉快に思わず、抵抗を少なくすることができます。
例えば、「あなたは、せっかちだから、いつも失敗するのよ」と言われるとカチンときますよね。
でも、これを『Iメッセージ』にし、「私は、あなたがあの時にもう少し落ち着いて状況を見ることができたら、良い結果が出てたと思うの」と言ったら、相手も感情的にもならないですし、冷静に自分を見つめ直す気持ちになる可能性は高くなるでしょう。
是非、皆様、以上の注意する時の3つのポイントを日常生活で実践してみてください!!

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所

心理カウンセラー ブログ

心理カウンセリングと心理学

 

悩み相談、心の相談、カウンセリングは、札幌 カウンセリング こころの相談所へ

 

札幌はもちろん日本全国で心理カウンセラーが親身に心理カウンセリングいたします

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも札幌 カウンセリング こころの相談所へ 心理カウンセラーのブログ 心理カウンセリングと心理学

 

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所

札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで


札幌 カウンセリング こころの相談所 悩み相談、心の相談、カウンセリングは札幌でも札幌以外でも当カウンセリングルームで

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所


TEL 011-839-7007


電話受付時間 8:30~18:00

営業時間 8:30~21:00

定休日 木・日曜日


北海道札幌市西区西町南3丁目3-5

西野ハウス413号室


カウンセリング予約可能時間

9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00



TOPへ