NO171.注意する時のポイント

NO171.注意する時のポイント

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

相手を注意する時には、以下の3つのポイントがあります。

1.行動に対する指摘はOKだが、人格否定はNG
行動に対する指摘なら、本人も反省することができ、行動を改めることができる。
人格に対する否定は、非常に幅広い範囲のものとなり、本人がすぐに変えられるものではなく、存在自体を否定されたように思ってしまう。

2.失敗した理由ばかりを追求するのではなく、相手の目的を訪ねる
「なぜ、こんな失敗をしたんだ?」、「どうして、俺の言う通りにしなかったんだ?」と失敗した理由ばかりを追求しても何も解決しません。
何故なら、人間は必ず何らかの『目的』や『意図』を持って行動するからです。
それを把握しないことには、問題を解決することはできません。
なので、「どのようにやろうと思ってたの?」とか、「そういう風にしたのは、どんな狙いがあったの?」などのように、相手の『目的』や『意図』を尋ねるようにしましょう。

3.Iメッセージを使う
人は注意する時、つい「あなたは、・・・だよね」と主語を「あなた」の二人称で注意しがちです。
しかし、この発言は、自分基準で相手を決めつけた言い方となってしまいます。
そうならないようにするテクニックとして、『Iメッセージ』があります。
『I』とは、英語で「私は・・・」を指します。
つまり、主語を『I』に変えるだけで、相手が不愉快に思わず、抵抗を少なくすることができます。

例えば、「あなたは、せっかちだから、いつも失敗するのよ」と言われるとカチンときますよね。
でも、これを『Iメッセージ』にし、「私は、あなたがあの時にもう少し落ち着いて状況を見ることができたら、良い結果が出てたと思うの」と言ったら、相手も感情的にもならないですし、冷静に自分を見つめ直す気持ちになる可能性は高くなるでしょう。

是非、皆様、以上の注意する時の3つのポイントを日常生活で実践してみてください!!

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top