NO103.子どもにも、子どもであるための責任がある

NO103.子どもにも、子どもであるための責任がある

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

ここまで、青年(13歳から22歳位まで)のお話をしてきました
たしかに、親として、子どもを責任を持って、健全に育てる義務があります。
しかしながら、この時期の子どもの子育ての義務や責任はよく社会問題として話が出てくる難しい問題であると思います。

ここからは、ぼくの一個人の意見も含まれるので寛容な心で読んでいただければと思います。

例えば、親と子どもの関係がこじれて、子どもが『問題のある過度の反抗』がおこなわれるようになったとします(親がきちんと責任を持って、子育てをしていても、そうなる場合は大いにあります)

そこで、親としては、あまり考えたくないと思うのですが、例えば、親よりも体格がよくなった息子が何度も何度も暴力事件をおこすようになったらどうでしょう?
何度も理由を聞こうとしたり、やめるように言っても聞く耳を持たなかったらどうでしょう?
息子は何度も暴行事件の犯罪を繰り返します。
いくら親の保護責任とはいえ力で抑えることはできないのです。

次に、娘さんの例で考えてみましょう。
娘はきれいで、スタイルもいい。
まだ、女子高生なので、肌もピチピチしています。
正直な話をすると、ぼくは、この時期が外見で一番、男を魅了する時だと思います。
娘も、自分のルックスで、男を魅了できるのを分かっています。
そして、売春を始めて、お金を稼ぎでしたらどうでしょう?
ぼくには、娘はいませんが、手塩にかけた娘がそのようなことをしたと知ったら、もう以前のように可愛い娘と見ることができなくなるのではないでしょうか?
親だって感情のある人間なのです。

ぼくは、子どもが、子どもであるためには、子どもであるための責任があると思っています

それを子育ての中でうまく伝えていくことが必要なのではないでしょうか?

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top