NO154.5つのベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)

NO154.5つのベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所

 

私達人間は、自分流の主観的な意味付けを通して物事を把握します(認知論)。
そして、自分自身や世界(人生・他者など)に対するその人特有のものの見方・考え方・価値観のことを『私的論理(プライベート・ロジック)』といいます。

この私的論理の中でも特にゆがんだ発想をして、自分自身も生きにくく、周囲の人達との間でも摩擦が生じてしまうような考えを『ベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)』といいます。

『ベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)』には、決めつけ誇張見落とし過度の一般化誤った価値観の5種類があります。

『ベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)』に陥らないためには、以上の5つに対して、自分自身を観察し対策を立てて置くと良いことになります。

それでは、自分自身に当てはめながら、一緒に考えていきましょう!!

①決めつけ
可能性に過ぎないものを自分で勝手に決めつけてしまうこと。
自分自身の観察
●よく確認しないで思い込んでいることはないか?
●人のうわさ話をそのまま信じていないか?
●相手からきちんと話を聞いているか?
●まだ結果が分からないことを、先に決めてしまっていないか?
●あせりがあり、冷静さを欠いていないか?
対策を立てる
●確認するべきことはないか、洗い出しする。
●人の話は捻じ曲がるもの、自分自身でしっかり確認する。
●何かあった場合は、相手から必ず話を聞くことにする。
●想像は想像にすぎない。結果の出ていないものは、楽観的に考える。
●焦りがあると、思い込みも起こりやすくなり、さらに、焦りの感情が高ぶって、早とちりしやすくなる。呼吸を深く、落ち着いた行動をとり、冷静になろう。

②誇張
物事を大げさに捉えたり、表現すること。
これには、大きく2種類の場合があると思います。
自信がない人の場合:「どうせ全てうまくいかないんだ」
自信過剰の人の場合:「私がやれば全てうまくいくわ」
自分自身の観察
●自分は自信がないタイプか?自信過剰タイプか?
●誇張になってしまうのは0か100かで物事を考えるから。自分は30や50で考えることもできているか?
対策を立てる
●自信がないタイプの人は、自分の良い所を探していくようにしましょう。
●自信過剰なタイプの人は、謙虚さと他者を認める努力をしましょう。
●全て0か100はほとんどない。実際の状態を冷静に捉えましょう。

③見落とし
ある部分だけを切り取って、大事な側面を見落とすこと
自分自身の観察
●きめつけがあると見落とししがちになる。自分はいつも同じようなものの見方、考え方をしていないか?
対策を立てる
●違う視点で物事を見てみたり、他者の考えをまねて実践して見る。

④過度の一般化
何か一部うまくいかないことがあると、別のこともうまくいかないと思い込むこと。
自分自身の観察
●最初から「どうせ、次もうまくいかないんだ」などのように考えることにより、実際に良くないことが起きた時のショックを小さくしようとして行われる場合が多い。
ただ、それによって、総体的に精神的ダメージが大きくなっていないか?
対策を立てる
●うまくいった時のことを想像し、良くなかった出来事には注目しない。

⑤誤った価値観
自分が無価値で「自分には生きる価値がない」などと自滅的に捉えること。
自分自身の観察
●何か失敗などした時に、それと結びつけて「自分は生きる価値がない」と考えてしまう人がしてしまうミステイク。自分は、すぐにそのように結びつけていないか?
対策を立てる
●例えば、失敗をしたからといって生きる価値がないか理論的、冷静的に考えてみよう。
●過去ではなく、未来に目を向けよう

 

 

カウンセリングルーム こころの相談所 リンク集

サブホームページ1 サブホームページ2 サブホームページ3 サブホームページ4 サブホームページ5 サブホームページ6 サブホームページ7 Instagram Twitter Facebook まいぷれ ジモティー NAVITIME PRtree Yahoo!ロコ 予約ひろば とどなび タウン情報 e-shops みせめぐ SHIGOTOBA FC2ブログ はてなブログ 楽天ブログ ライブドアブログ Blogger Seesaaブログ JUGEMブログ ココログ エキサイトブログ 忍者ブログ ウェブリブログ CROOZブログ Tumblr ブログサークル アメブロプロフィール REQU ココナラ

page top